プレス加工技術

ホーム › 当社の技術 › プレス加工技術

トランスファープレスによるプレス加工

当社では、最大250トンの能力をはじめ、18台のトランスファープレスを駆使して、自動車用/産業用ベアリング部品を製造しています。2次元の材料送り装置による歩留まり率の向上、QDC専用金型による段取り時間短縮など、あらゆる方法でコスト削減に取り組んでいます。

ロボットラインによる省人化

難加工品については、従来念願であったロボットラインを2ライン新設。多工程品をラインに乗せることにより、一度に何人もが単発プレスをするのと同様な加工が可能で、省人化によるコストダウンが期待出来ます。また工程間のロスが無いため、製品品質の向上にも大きく貢献しています。

小径製品の高速&高精度プレス加工

当社では、小径製品の生産を、高速かつ高精度プレス加工が可能な「アイダ製HMX」や「アイダ/ブルーダラー製高速プレス」が担っております。小径品では250spm以上で稼働し、1台当たり300万個以上/月の安定生産が可能です。高速と高精度、相反すると思われがちな、高い要求に対応した生産が可能です。

このページの先頭へ